委託業務を順次終了させ、ちよ子(当時は主婦)が事業を継承。旅する活動家として、ソーシャルビジネスの創生に向けて準備を進めました。